有のノンフィクション

ーくだらない日々の出来事ー

夫の知らないお散歩デート ー絵日記ブログー

結婚をしている私は、たんが仕事中の夕方 毎日密かにデートをしている。

 


f:id:yu-nonfiction:20191205161411j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161445j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161502j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161519j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161537j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161551j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161622j:image


f:id:yu-nonfiction:20191205161640j:image

 

そうですか、キモイですか。

 

けどいいんです、この時期はマスクのおかげで表情が見えないからイケメンとのデートが盛り上がる盛り上がる。

 

誰になんと思われようが構わない

これが私の散歩スタイル〜 2019 winter 〜

メガネはブラジャー ー絵日記ブログー

以前 新しいメガネを買いに行った時、渋々男性用を買った私。

なぜ渋々かと言うと、フレーム選びに時間をかけ過ぎて たんが不機嫌になりだしたからだ。

前に買ったメガネはサイズを変えられたし、コレもきっと大丈夫だろうと店員さんにお願いしたら「こちらのタイプはサイズ変更出来ません」と。

チラッとたんを確認すると、まるで試合直前のボクサー並に殺気立っている…さすがに選び直したいとは言えない雰囲気。

日を改めるか…と一瞬考えたけど、基本メガネは家でしかかけないし 別に大きくても見えれば大丈夫!と購入。

 

このメガネだってまさか女性にかけられると思ってなかっただろうし、私だって男性用を買うだなんて思いもしなかった。

お互い様ってね。

最初はぎこちないかもしれないけど、お互い歩み寄りながら時間かけて仲を深めていこ。

 

と、初めは思っていたけど 私達の関係は一向に良くなる事はなかった。

 


f:id:yu-nonfiction:20191203163909j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191203163927j:image

 

何かある度に私は、メガネが立ち直れないぐらいの暴言を吐いてきただろう。

もちろん買い替える事だって考えた、だけど見える事は見えるし…何より高いお金払って買ったのにそう簡単に買い替えてたまるかという意地もあった。

 

そんなある日、阿佐ヶ谷姉妹のお姉さんが「メガネをブラジャーだと思ってる」と言ってるテレビを観た時はかなりの衝撃だった。

確かに 目の悪い人にとってメガネは大事な物だし、女性にとってブラジャーはなくてはならない物…

そうか、私は顔面にブラジャーをしているんだ!

 

お姉さんの言葉に感銘を受ける。

 

今まで奥歯ガタガタ言わすほどメガネに暴言を吐いていた私が、その日以来 少しだけ変わった。

 


f:id:yu-nonfiction:20191203170003j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191203170304j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191203170316j:image

 

メガネに対して優しくなれたよ。

ありがとう、お姉さん。

 

しかしお姉さんの言葉を調べてみたら「メガネを取るのは下着を取られるぐらい恥ずかしい」と言う意味だった。

 

思ってたのとちょっと違った。

 

だって私、出かける時はノーブラ派(コンタクト)だから。

いくつになっても考え方がヤンキーのそれ ー絵日記ブログー

たんはよく「この家は俺がルール」「食卓は戦場だ」と喚き散らす。

しかし、この10年間 1度も食卓で戦争が起こった事のがない。

おかずの奪い合いどころか、めちゃくちゃウザイ理由をつけてとにかく私に食べさせようとする。

 

 


f:id:yu-nonfiction:20191201200247j:image


f:id:yu-nonfiction:20191201200304j:image


f:id:yu-nonfiction:20191201200327j:image


f:id:yu-nonfiction:20191201200400j:image


f:id:yu-nonfiction:20191201200421j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:yu-nonfiction:20191201200449j:image

 

最終的に、今後先の美味しい物を引き合いに出されたら食べるっきゃないでしょ。

食べたいもん…美味しい物。

 

優しいのかなんなのかよく分からない独裁者(先輩)のせいでこの10年 相当太った。

 

どうしても聴きたくなる曲 ー絵日記ブログー

私は、週末に1人ダラダラとお酒を飲むのが大好き。

たんや犬猫が寝静まった深夜、部屋の電気を消して小さな光の中 好きな曲をイヤホンで聴きながら飲む… 私にとっての癒しの時間。

 

イケてる女性はきっとアロマキャンドルなんて焚いちゃうんだろうけど、そんな洒落た物持ってない私は 大仏のキャンドルに火を灯しムードを作る。



f:id:yu-nonfiction:20191130161244j:image

浮き上がる大仏の顔がなんとも言えない。

 

そして、必ずと言っていいほど 酔っ払うと聴きたくなる曲。

耳で聴くのではなく、全身でこの曲を感じたいので私は ギュッと目を瞑り全神経を集中させる…

 


f:id:yu-nonfiction:20191130162941j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191130163120j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191130163823j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191130163841j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191130163904j:image

 


f:id:yu-nonfiction:20191130163918j:image

 

 

my favourite song  夢芝居

 

 

夢のオープニング ー絵日記ブログー

微かにまだ 意識があるっていうのに、先走ったのか寝落ちる前に夢らしきものが現れた。

 


f:id:yu-nonfiction:20191128143826j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:yu-nonfiction:20191128143839j:image


f:id:yu-nonfiction:20191128143853j:image


f:id:yu-nonfiction:20191128143906j:image


f:id:yu-nonfiction:20191128143921j:image


f:id:yu-nonfiction:20191128143940j:image

 

 

 

 

 


f:id:yu-nonfiction:20191128143958j:image

 

もしかして、これって夢のオープニング?

金曜ロードショーが始まる前に流れるアレみたいな?

口内暴力 ー絵日記ブログー

私は唐辛子系の辛い物が苦手。

食べたいという気持ちはあるけど、どうしても口が受け付けてくれない。

ケロも私と同じぐらい辛い物が苦手だったのに、最近克服したらしく今じゃ辛い物が大好きになってしまった。

 

悔しい…私だって食べれるようになりたい…

 

とにかく辛い物に慣れないと始まらないと言うことで、週末は辛い物を食べる事にした。

 

金曜日、旨辛てりやきマックバーガー

辛いと言っても「旨辛」だし、マックだし、きっとピリ辛ぐらいで私にも食べれるはず。

 


f:id:yu-nonfiction:20191124111219j:image

40分かけてなんとか完食。

唇は腫れるし口の中は暫くジンジンするし…完全にマック舐めてた。

 

土曜日、辛ラーメン

作る前にケロに電話をしたら「普通に作ると有ちゃんには絶対無理だからお湯の量を減らして粉末スープを半分にした方がいい」との事。

言われた通りに作ろうとしたら、会話を聞いていたたんに「辛ラーメンの指示通り作れ」「大して辛くないから有ちゃんでも食べれる」「ケロの話を信じるな」と散々言われ、仕方なく粉末スープを全て入れた。

 

作り終わりドキドキしながら初めての辛ラーメンを食べる…

 


f:id:yu-nonfiction:20191124112513j:image

 

泣いた。

3口は食べたが、その後 最高に体調を崩し寝込む。

 

こんな辛い思いをするぐらいなら、もう食べられなくていいや。

 

 

「辛味や痛さの奥に後を引く旨味があるからそれを探せ」とケロに言われたので探す努力はした。

したけど…辛ラーメンを食べながら私は思った。

「何もしてないのに突然複数の奴らから集団リンチを受け、動けなくなるまでボッコボコにされた挙句 財布まで盗んでった奴らの良い所を探せ」と言ってるようなもんだ…ってね。

 

そんな卑怯な奴らの良い所なんて、とてもじゃないけど見つけられる気がしない…

一刻も早く通報したい…

 

よって、私には旨味とやらを探すのは無理だと思った。